不妊治療で妊娠しやすい体づくり~病院相談が解決の糸口~

看護師

気を付けること

葉

今後の動き

ベッドタウンとしても人気な京都は、人口も多いです。そして、結婚を最近されて、そろそろ子供が欲しいという新婚さんもいるでしょう。しかし、実際に子作りに励んでいても、なかなか妊娠できないものです。早い方はすぐに妊娠をされますが、何ヶ月かトライをしてようやく子供を授かるという方もいます。なので、それぞれ違ってきますので、是非焦らず気長に待ってみるのもいいでしょう。しかし、実際には京都のお住まいの方の中には、待ってもなかなか妊娠できないという方も大勢います。以前よりも、妊娠をする年齢が上がってきているのが現実です。妊娠しやすい年齢は20代です。しかし最近の女性では初婚が30代を越えるという方も増えています。なので、年齢を重ねると妊娠の可能性が低くなっていき、不妊治療をされている方が増えています。そして、不妊治療をされる方も今後も増えていくと思います。

注意する事

京都では、いろいろな病院があります。不妊治療ができる病院もたくさんあります。そして、どこの病院でも血液検査や尿検査などはもちろん、実際に内診をしてそれぞれの患者さんに合った不妊治療を行なっていきます。しかし、京都にある病院によっては、治療費は違ってきます。不妊治療は、健康保険が適用されます。しかし、全額負担の保険適用がされない検査などもあります。また採取をする際の器具が実費でかかる事もあります。なので、治療をする際には、保険適用内と適用外が混在をしているので、毎回、多めにお金を持っていくといいでしょう。そして、受診をする際には、膣の中を診る内診は必ずありますので、脱ぎやすい服装、例えば、スカートなどを履いていくとスムーズに診察をしてもらえます。